スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
子供と紫外線!
2006 / 04 / 16 ( Sun )
夏本番を控え、紫外線が多くなってきます。

日本では日光浴と称し、子供を裸にして紫外線にさらす傾向が根強く残っていますが、紫外線対策に国をあげて取り組んでいるオーストラリアでは、どのような対策が行われているのでしょうか?

★紫外線対策に国をあげて取り組んでいるオーストラリア。
 
ブリスベン市では子供達に登校の際サングラスをかけるように指導。

7年前にサングラスを学校指定の制服の一部に規定している。

この地域の夏は強い日差しで紫外線も強いため、子供の目を守るために制服にして子供達にかけさせた。

また学校の教室には子供達がいつでも使えるように紫外線避けのクリームまで用意されている。

また紫外線対策の専門店もあり、大人から子供まで紫外線対策が取られている。

オーストラリアではとくに子供に対する紫外線対策の意識が高く、子供はビーチでも長そでを着ている。

そして、調査の結果子供の頃、とくに10歳頃までに浴びる紫外線量がその人の将来におけるガンになる確率を高めていることが分かってきた。★

紫外線は浴びすぎるとよくない様ですね。

海やプールに行くときも紫外線カットの水着を着て遊ぶのがよいと思います。

紫外線対策先進国のオーストラリアの商品です。




このほかに、大人用長袖Tシャツやドライビンググローブなどもあります。

詳しくはこちらから>>

関連商品 ・ベビー用サンプロテクト帽子 ・ベビー用スイムスーツ ・はじめての紫外線対策3点セット
スポンサーサイト

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:育児

00:16:10 | 紫外線 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。